top of page

在宅看護センターLife&Com

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

いのちの営みを、暮らしの中に

目の前の人にやさしくあるために

お看取りから、小児まで
関わる人への思いやりを育むステーション

代表

柳澤 優子

Yuko Yanagisawa

事業所名
在宅看護センター Life&Com
​(一般社団法人 Life&Com)

拠点エリア
<神奈川県:湘南エリア>
藤沢ステーション、亀井野サテライト
​(事業拡大中)

Yuko Yanagisawa
Life&Com  Yuko Yanagisawa

Caici
ヒトツギ個性分析
 

<代表へのインタビュー>


奔放さと鋭さと。笑顔と眼差しと。
様々な表情を覗かせる一般社団法人Life&Comの柳澤優子さんに取材しました。


「優子さんが、Life&Comをはじめたキッカケは?」


私自身、病棟時代に身体抑制や患者さんご本人の願望「食べたい・帰りたい」などのささやかな願いを叶えられなかったことが大きいです。悔しさと憤りがとても強くて『なんでこんな簡単なことも叶えられないんだろう』と。『もっと看護にできることがあるよね』って、ずっと思ってました。その答えを出したくてLife&Comを創ったということが一番大きいです。


「心中察するに余りますが、原動力となった思いは悔しさから?」


『こんなことするために看護師になったんじゃない!』って思いました。
それは、患者さんにとっても看護師にとっても嫌がることをやらないといけない。そんな役割を引き受けて誰も幸せじゃないじゃないですか。頭では必要だとわかっていることもある中で、自分も相手も望む形は『これじゃない』って本音の部分がずっとありました。自分自身に対する『じゃあ、なんのために看護師・医療従事者になったの?』という、その問いの答えをLife&Comで表現しようとしています。


「Life&Comは自分に気付き、表現できる場である。ということ?」


看護師・セラピストはじめ医療職にとっていいフィールドがあれば、いい看護・リハビリ・ケアができるのではないか?という思いがあるので、そういう場づくりにチャレンジしています。
患者さんとの出会いが【ケアリング】としての相互作用を育み、利用者さん・ご家族にとっての穏やかでしあわせな暮らしに寄与できるだけでなく、私たちにとっても成長や誇り、やりがいを実体験することができる出会いがあるんです。
みんなにそれを感じ取って欲しい。スタッフの日々の言動を通じて、成長の片鱗・変化を目に見えて感じれることが私の喜びでもあります。その芽生えをLife&Comで迎えられることが幸せです。

Life&Com
亀井野のサテライトでインタビュー

「Life&Com の由来は?どんな場であるのか」


いのちと共に、という意味があります。いのちや人生と共にある。という意味です。どんな場所かは、スタッフ1人1人それぞれに解釈はありますが『出会いと気づきが生まれる場』であることが大切だと思います。私は『教育の本質は気付きである』という言葉が好きで、気付きが起きることが学びにつながる。自分自身で、気付き、学び、変化し、成長をする。
目の前の人にやさしさを届けること、人として向き合う中で
そのいのちと共にある場であることを大切に届けています。


「優子さんが、やらない。と決めていることを教えてください」


面白い質問ですね。笑 
【嘘をつかないこと】と【言い訳をしない、他人(ひと)のせいにしない】ですかね。これは相手に対してはもちろん、自分自身に対しても。です。最終的に自分を救えるのは自分でしかないので。自分がどう感じているか?それがポジティブでもネガティブでも、ありのまま・あるがままで受けとめていたいです。疲れた、傷ついたと気付いていても強がって『大丈夫』と言ってしまう。これもある意味では嘘をついていることになります。
Life&Comでは本音をさらけ出せる間柄でいいと。それは人を否定するためではなく、自分の弱音も気づき・受けいれてあげるためです。もっとシンプルに感じたことを伝え合える。美しい・優しい・心地いい・楽しいを大切に、一緒にわかちあえる仲間と行動できたら素敵ですよね。

柳澤優子
開放的でオシャレな空間です

「訪問看護に少しでも興味・関心のある人に伝えたいことは?」


経験を積むことで生まれる【捉われ】みたいなものがあって。
今、学生実習を受け入れていたり、臨床経験が浅い人や若い人とも仕事をし接している中で、考えや感覚などを捉われず比較的素直に感じ取れている気がします。
自分にもそうですし、他人との関わりの中にも気づきを得るには素直な感性が必要で、捉われはその感性の鋭さを無くしていることが多いと思います。今、感じたこと・思っていること。それを良い悪い、正解・不正解に関係なく、言葉で表現できること。例えば、今の働き方・医療従事者としての在り方に違和感や気付きがあれば、それを大事にして行動してみてほしい。
一歩踏み出すということ1回は自分の目で見ておきたい。話を聞いてみたいだけでも十分。その気づきの片鱗は成長になっていくと思います。まずはLife&Comに遊びにきてみてほしいです。


 

求人情報


【企業】
一般社団法人 Life&Com(ライフアンドコム)
【事業所名】
在宅看護センター Life&Com
ホームページ

【勤務地】
在宅看護センター Life&Com 藤沢
神奈川県藤沢市鵠沼神明5-5-20 鵠ノ杜舎 椚08
ステーションの地図をみる

在宅看護センター Life&Com サテライト亀井野
神奈川県藤沢市亀井野4-5-8 North棟 2B
ステーションの地図をみる

​【募集職種】
<正社員:常勤>
正看護師(Ns)
<パート:非常勤>
週2日〜曜日固定可能な方は応相談
【仕事内容】
・1日の訪問件数は4〜5件
・ガン末から小児まで依頼は幅広い
・新卒看護師も在籍&活躍中
・個人ごとのOJTを設置で安定の育成
・月81件以上の訪問でインセンティブあり
・オンコールも分担で対応、初期はセカンドから
・訪問時のホットライン設備(緊急時も対応可)
・20〜30代が中心となったステーション
・これから経営規模拡大フェーズでステップアップ可能
・なにかあったら安心の社外コーチによる窓口設置
【こんな人があってます】
<目の前のひとりに向きあうこと>
どれだけ目の前のひとりに真摯に向き合えるか。
私たちは、『目の前の人にとっていい看護とは何か』について探究し続けることを大切にしています。全人的な人間理解と創造的な看護実践の積み重ねの中で、目の前人の暮らしに関わり、看護やリハビリテーションを通して目の前の人のしあわせに寄与することが私たちの仕事であると考えています。

<個のチカラと和のチカラ>
Life&Com では、目の前の人が安心して穏やかに過ごせるよう、個別的で創造的な看護・リハビリテーションを提供することを大切にしています。
プロフェッショナルとして、ひとりひとりが自律的な看護・リハビリテーションを提供すること、そして仲間と協働し、よりよいサービスの提供に向けてチームワークを発揮することを大切にしています。

<フィールドをたいせつに>
良い看護、リハビリを届けるには、医療を提供する人の個性が活かしやすいフィールドさえ見つかれば、本来の能力や考え方にフタをしたり。押し込めたりせずに、より良いケアのカタチの種は本来、すでに貴方の中にあるものだと考えます。
【特徴】
<新卒から子育て世代まで働きやすい環境整備>
・研修や夏休み等はお子様をステーションに連れてこれる
・急な発熱時なども対応できるバックアップ体制
・新卒採用もすでに行なっており、研修が充実
・目の前の人にやさしくあるために在るべき自分になる
・お看取りやエンゼルケアも多く依頼があります
【勤務時間】
8:30〜17:30(休憩60分)
【休日・休暇】
看護師|完全週休2日制:シフト制
セラピスト|週休2日で土日休み可:シフト制
【福利厚生・待遇】
・社保完備
・交通費支給
・有休...勤務半年後に10日。以後、規定に準ずる
・慶弔・年末年始休暇
・ボーナス:決算賞与制 (前年度支給あり)
・試用期間あり(6ヶ月間)
・常勤:外部研修参加費年間2万円支給
・全員:旅館・レジャー施設優待券
・パーソナルトレーニング優待利用
・社外コーチへの相談ほっとらいん窓口
【給与・手当】​​​​
試用期間:270,000円
(6ヶ月間、有期雇用契約、その他条件変わらず)
正社員雇用後:283,500円〜400,000円
​訪問インセンティブ制
(看護師:100件/月の訪問で+80,000円/月)
(セラピスト:120件/月の訪問で+120,000円/月)
【補足情報】
・訪問は社用車で基本的に行います
・マイカー通勤可能
​・マイカー訪問も応相談​(手当あり)
・試用期間あり(6ヶ月)
・試用期間中の減額なし
・受動喫煙に則り、敷地内禁煙


 

個性分析を行い、エントリーしてみる


Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page